ラブストシルエット

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

疑惑を愛した女たち (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジャックは捜査の張り込み中に偶然助けた大富豪に気に入られ、花婿候補として娘のグレイスに引き合わされた。なぜか、大富豪はジャックの職業を偽って紹介した。出会ったとたん、ジャックとグレイスは惹かれ合ってしまう。実のところ、彼はセキュリティ・コンサルタントではなく警官で、彼女はおしとやかな令嬢ではなくスポーツウーマンだというのに。なりゆき上、二人は本当の自分を隠したまま豪華な結婚式を挙げて夫婦になったが…(『仮面を外すとき』)。八年前、メアリーは一人の男と恋に落ち、愛を捧げた。それなのに、ある朝、情熱的な恋人は突然姿を消した。さよならの一言さえもなく…。以来、男への思いは憎しみとして心の奥に根づいている。教師としてまじめに生きてきたメアリーは、やむをえぬ事情からカジノのウエートレスというアルバイトをすることになった。セクシーな扮装で働く彼女の前に、再びあの冷酷な男が現れるとは夢にも思わず(『秘密のゲーム』)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シェイン,マギー
数々の受賞歴を誇るベストセラー作家。ニューヨーク州の田舎町に、夫、五人の娘、二匹のブルドッグとともに住んでいる

パパーノ,マリリン
海軍軍人の夫について合衆国各地を転転とする生活を送ったあと、現在は故郷の町を見下ろす丘の上で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

親密な他人―孤高の鷲〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この三年間、キャスリーンに心休まる日はなかった。マフィアから大金をだましとり行方をくらました夫ロブのせいで、何も知らないにもかかわらず、金のありかを求める悪漢たちに追われつづける日々なのだ。かつては愛し、すべてをささげた男性。だが今は、この世でもっとも憎い男性。二度と顔を見ることはないだろう。いや、絶対に会いたくない。ふいに、物思いから覚めたキャスリーンは凍りついた。向こうがわの車の運転席に座っているのは―ロブだ!彼は冷たいまなざしでこちらを見すえ、ゆっくりと…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,ゲイル
作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンティック・サスペンスと、十九世紀初頭の摂政期を舞台にした歴史ロマンスを書き分けながら、北米ではこれまで二十作以上の作品をハーレクインから刊行。ロマンス小説界の由緒あるRITA賞を二度も受賞したほか、数々の賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

君の名を教えてあげる―ローンスター・ソシアルクラブ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サンアントニオの街に冷たい雨がそぼ降る朝、目覚めると、見知らぬ男と一緒に寝ていた。けれど彼女にはわからない。この人が誰なのか、どうして自分がここにいるのか。おまけに自分の名前すら思い出せない。取り乱す彼女に、男が説明した。「きみはアニー。そしてぼくはジョー、きみの夫だ」アニーが理由も告げず家を出て以来、二カ月ぶりの夫との再会だった。だが、何も思い出せない。謎に包まれたアニーに、驚愕の事実が追い打ちをかける。彼女は妊娠していた。おなかの子の父親は誰なの?昔、カウボーイたちの社交の場だった“ローンスター・ソシアルクラブ”今は趣のあるアパートメントに姿を変え、そこに入居した独身男女は一年以内に恋に落ちるという伝説がある。L・ターナーの三部作。

戦火のヴィーナス―狼たちの休息〈8〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リンダ・ハワード絶賛の人気シリーズ新作!再会、脱出、そしてめくるめく禁断の愛。父が生きている?まさか…キャサリンは一瞬、耳を疑った。傭兵だった彼女の父親ラニーは、二十年前に独裁国家サラサの内戦で戦死したはずだ。なのに、いまだ父が捕虜として投獄され続けているなんて。CIAの担当者は淡々と続けた。「解放の条件はただ一つ。身代金十万ドルを直接現地へ届けること」混乱するまま、キャサリンは身代金を携え空港へ向かった。父のかつての盟友マードックがボディガードとして同行するという。元傭兵、父と同じ種類の男。いったいどんな人かしら?人波の中で彼女は奇妙な震えとともに彼を見つけた―本能的に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
幼いころ、祖父から贈られた『美女と野獣』の絵本を読んでロマンス小説のとりことなり、九歳のときに初めて物語を書いた。それ以後、小説、詩、脚本と、学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。’90年にデビューして以来、マギー賞や全米読者選賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

吹雪のファンタジー―クリスマスは大騒ぎ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雪に覆われたクリスマス城で、サンタが彼女にキスをした…。クリスマスも近い吹雪の晩、タクシー運転手のニッキは空港からひとりの少女を乗せた。目的地は、童話作家ジョナサン・スリートが住む“クリスマス城”だ。彼の娘だという少女とともにたどり着いた屋敷は、深閑としていて出迎える者もいなかった。嬉々とした少女の話とはずいぶん違う雰囲気に不安を感じ、ニッキは一緒にジョナサンを待つことにした。吹雪のせいで照明がすべて消え、再び明るくなったとき、生気を失ったような全身に悲しみを漂わせた男が立っていた。喜ぶ少女を見て彼は言った。「君は…誰だい?」娘を無視するなんて!ニッキは猛然と抗議した。またも明かりが消え、次の瞬間、彼がニッキにキスをした。どういうこと?闇の中で彼女のパンチが飛んだ。

ロマンスの神様―ローンスター・ソシアルクラブ〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼にかかったら、女はお手上げ。だけどわたしは、男なんてもうたくさん!敏腕弁護士ノア・バクスターはサンアントニオ法曹界でうわさのプレイボーイ。いたずらっぽくきらめくブルーの瞳が女性たちの心をつかんで放さない。ただし、厳格で高潔で犯罪者を容赦なく罰する女性判事、サディー・トンプソンだけは別だった。かつて共に暮らした男が別れ際に暴露した話のせいで、彼女はベッドでも氷のように冷たいともっぱらの評判だ。サディーはそれを隠れ蓑として、男性を寄せつけない。二度と傷つきたくなかった。だから引っ越し先の管理人に入居者にまつわる恋の伝説を聞かされても、聞き流していた。私の人生に男性はいらない。それなのに…真上の部屋にノア・バクスターが住んでいたなんて。

フォーエバー・マイ・ラブ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テレビ画面に映る男性の笑顔を見つめ、キャシーはため息をついた。有名ミュージシャンのブレントは、彼女と別れたあとさらに魅力を増して、世の独身女性から熱い視線を浴びている。結婚当初は幸せだったのに、いつしか二人の歯車はずれ、やがて噛み合わなくなってしまった。彼への愛は変わらない。でも、彼は永遠に戻らない。悲しみをこらえた矢先、画面が切り替わってニュースが始まった。“ブレント・マックイーンのクルーザーが爆破され、彼は行方不明―”すぐさがしに行かなくては!彼女は家を飛び出した。再会できたところで、手ひどい拒絶にあうと知りながら。

内容(「MARC」データベースより)
キャシーの前に、3年前に別れた夫ブレントが突然現れた。彼は、自分が何者かに命を狙われており、キャシーの身も危ないという。炎と氷のように相容れない2人だが、協力して謎を解くうちに、かつての情熱が…。

トパーズの瞳 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アンディは五年前、ニューメキシコの居留地に移り住んだ。ほどなくして部族警察の警部だった父が汚職を告発され、自殺した。父を告発したのは、彼の部下でありアンディの恋人のジョーだった。ジョーが父を殺したのも同然よ!絶対に許すわけにいかない。彼は言い訳することもなく、黙って彼女の前から立ち去った。あれから五年。まさかこんな形でジョーと再会するなんて…。しかもまた、事件がらみとは。アンディの異母弟とジョーの甥が指名手配されたのだ―殺人犯として。焦るアンディにジョーが冷たく言った。「きみにいてもらう必要はない。邪魔なだけだ」。

内容(「MARC」データベースより)
アンディは5年前、ニューメキシコの居留地に移り住んだ。ほどなくして部族警察の警部だった父が汚職を告発され、自殺した。父を告発したのは、彼の部下でありアンディの恋人のジョーだった。5年後、再会したふたりは…。

淑女と野獣 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この醜い傷跡を見る人は誰もがわたしを“茨の城の魔女”と呼ぶ。幼いころ事故で顔にやけどを負ったメリッサは彼女を魔女だと騒ぎたてるメディアや人々の迫害を避け、古城でひっそりと暮らしている。気晴らしといえば、恋愛映画のビデオを見ることぐらいだ。醜い自分を愛する男性などいないとはわかっていても、運命の出会いに対する憧れは日々つのるばかりだった。ある日、メリッサは城門の脇に倒れている男性を発見する。意識のない男性を城でかいがいしく介抱するものの、所持品から彼が記者だと判明したとたん、同情は憎悪に変わった。わたしを世間から締めだしたメディアの人間は許せない!メリッサは家政婦に命じた。「彼を地下牢に入れなさい」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カーツ,シルヴィー
単発機に乗り、八時間単独で大陸横断飛行をしていたとき、パイロットになるのが望みでないことに気づいたという。その際、頭に浮かんでいた物語はフライトよりもはるかに楽しいものだった。パイロットの資格は取ったものの、翼をキーボードに代え、想像力を駆使して愛とスリルに満ちた作品を生みだし続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

聖女と堕天使―狼たちの休息〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
内戦が続く島に残された幼い甥の救出に同行してほしい。警備会社ダンディー・エージェンシーに依頼したローリーは派遣されてきたボディガード、ホークの容姿に目をみはった。なめらかな肌に鋭い瞳。漆黒の髪にたくましい肉体。気品と官能を漂わせる風貌はさながら森の王者ジャガーのようだ。だが男性になじみのないローリーのとまどいを知ってか知らずか、ホークは強硬に言いつのった。若い女性を危険な戦地に連れていく気はないこと。それでも同行するなら、彼の望むものはすべて与えること。彼の望むもの…まさか!なんて失礼な人なの!気がつくと、ローリーは彼に平手打ちを浴びせていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
九歳のときに初めて物語を書いた。それ以後、小説、詩、脚本と、学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。’90年にデビューして以来、マギー賞や全米読者選賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある。とりわけ、百戦錬磨のボディガードを主人公にした出世作『狼たちの休息』シリーズは新作が出るたびに各メディアから賛辞を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [電子たばこ] [アキバ中毒のページ] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [東京ぶらぶら] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [ハロー!江東区!] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行] [墨田区紀行]
[ロマンス天国〜時代物] [ロマンス天国]

oooラッキーショッピングooo 千葉とんかつooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 新鮮 魚料理を食すooo ガシャポン戦死!ooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉のちょっといい景色ooo 天国的お魚の道@千葉ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 千葉県の大学一覧ooo 千葉の水のおはなし.COMooo ビジネス.コレクションooo AV機器ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo リネージュIIクロニクル2ooo 新型インフルエンザマスクooo 住宅ローンのことooo 千葉干物天国ドットコムooo